検索
  • 守護水

5µシーベルトの天然ラジウムを放つ北投石を味方につけて

守護水の場合、隕石のラメラ構造転写という独自性以外に「北投石の天然ラジウム性質使用」も致しております。

北投石の天然ラジウムと言えば玉川温泉が有名ですが、弊社の守護水では台北の北投石を

有用しております。


例えば温泉の場合、温泉水が地表に湧き出てくる途中で、北投石のような放射性ウランやトリウムを多く含む岩石を通過すると、北投石等の物質に由来するラジウムやラドン(これらも放射性元素)を溶かし込んで放射能泉となります。この作用による温泉効用は皆さまもご存知の通りかと思います。


北投石にもその天然性如何によりさまざまな種があるかもしれませんが、弊社の北投石では

およそ5µシーベルトの天然ラジウム量を計測できています。



守護水は、深層から岩盤を通り抜けてきた水(深層水)にラメラ構造を帯びさせた上、

更にこの天然ラジウムによりラドン性まで帯びさせた超天然のホルミシス水であるとお考

えくださればよいかと思います。


尚、ホルミシスとは、ホルモンの語源であるギリシャ語のhormo(刺激する/促進する)に由来している言葉です。その意味は「大量使用しない限り、あるいは少量や適量の場合には、からだによい刺激を与えつつプラスの効果をもたらすこと」と訳されています。


流石・「ホルモンの語源」であるだけに、ホルモンに関わる部位には特に効果が期待できる

と思うのが使用した上での感想です。



地球上に「ただ在るもの」を「感謝しつつ合体」させ「謹んで使用」し、そして出来上がった水。これが守護水です。

効能は敢えて謳いません。

是非一度お試しになってみてください。










18回の閲覧