検索
  • 守護水

心身を無駄分裂させない力

「にきびを治したくて守護水を使い始めたところ、にきびも治ってきたと同時に学業成績も上がってきた」という報告がありました。

守護水サイト側から思うには、肌の見た目が良くなってきたことにより自分に自信が持てるようになったという背景が、ひとつとしてうかがえます。

ただ、それと同時にもうひとつとして考えられることがあります。

それは、【身体を守護するだけではなく精神も守護するという性質を守護水は持っている】という点です。

守護水サイト側としても、これは実に不思議なことであり、推察してみるところ、地球とその生命をそもそもから司り始めた宇宙物質の特性を守護水はあらかじめから持ち合わせているからではないかということです。

これはつまり【一喜一憂することすら無く、環境と共に時間軸を淡々と進みゆく特性】のことを指します。



『化学成分の原料が温かく小さな池の中でゆっくりとかき混ぜられたときよりも、平衡からほど遠い原始的な地球のほうが非平衡系の熱力学は組織化された複雑なシステムの出現を引き起こしやすくする』主張した研究者が居ますが、この主張には-当-守護水サイト側も同感を示しているところです。

また、因果エントロピー的な力に対して実用的かつ生物学的にあり得るメカニズムを確立しようとしているウィスナーグロスのような科学者も居るように、「個々の生存目的を達成し人生に意義を見いだすための手っ取り早い方法は、計算や予測の技術などの理解に向けて真っ向から作業するのではなく、そのようなふるまい(とあるシステム)をまず最初に見つけ出し、物理的な原理や制約などは後追い理解することで以て更なる確信を持つこと」であると守護水サイト側は考えております。

なので、

【この守護水によってどんな効能を体感したのか? という事実こそがまさに守護水のふるまいである】とお考えください。




以下は、培養実験されたヒト細胞についてが触れられている内容をウィキペディアから抜粋したものです。老化して停止するまでに40~60回を超える分裂ができないのは、このヘイフリック限界によって周知の事実となっています。

--------------------------------------------------------------------------------------------

ヘイフリック限界は、1961年にカリフォルニア大学スタンフォード大学で解剖学の教授を務めていたレオナルド・ヘイフリック英語版)らによって初めて発見された。

その後多くの研究者によって追試され、ヒトの様々な臓器から得られた細胞を培養すると由来臓器に固有な分裂回数で増殖を停止すること、年齢の高いヒトからの細胞は分裂可能回数が少ないこと、遺伝的早老症患者から提供された細胞は健常者のそれより分裂可能回数が少ないことなど、多くの発見が生まれた。

なおこの発見は、アレクシス・カレルの唱えた「普通の細胞は不死である。」という説を覆すこととなった。

ヘイフリック限界の発見とその後の研究により、ヒト体細胞が決められた分裂可能回数を持つことは明らかであった。そこで原因として注目されたのがテロメアである。

というのもヒト体細胞の場合、生まれたばかりのときのテロメアDNAの長さ8~12Kbp(bpは1塩基対)ほどあるが、年齢が高くなるにつれその長さは短縮する傾向があり、

また、テロメアDNAが5Kbpほどになるとヘイフリック限界がおとずれることが分かったからである。

しかし、現存する多くの単細胞生物は無限の増殖能を持つ上に、培養によって簡単に不死化(無限分裂能)株が得られる細胞の存在もあって、テロメア短縮とヘイフリック限界を結びつけることに対しては議論され、「ヒト体細胞を培養しても無限の分裂が得られないのは、培養条件が最適でないからだ」という反論も多くみられた。

その議論に終止符を打ったのが酵素テロメラーゼであった。テロメラーゼテロメアDNAを修復させる酵素であり、無限分裂能をもつ細胞では強い活性をもつことがわかった。また、ほとんどのヒト体細胞ではかなり弱い活性をもつか、もしくは酵素自体が発現していないこともわかった。そして、環状DNAをもつ細胞や細胞小器官ミトコンドリア葉緑体)ではテロメラーゼ活性が全くないもののヘイフリック限界を持たないことも決め手となり、ヘイフリック限界とテロメアの関係は確実視されるようになった。

---------------------------------------------------------------------------------------------


ご存知のように、ヒトはヒト体細胞を持つ生物でありミトコンドリアでもなければ葉緑体でもありません。

なので、ほとんどの人体細胞での酵素活性は「かなり弱い」かあるいは「無」です。

つまり、ヒト体細胞は決められた分裂可能回数を以て停止します。



しかし、ここで守護水サイト側はこう考えます。

ヒト体細胞の分裂自体にミスが起きるとそのミス分裂1回も分裂可能回数にカウントされる

ということを。

ヒト体細胞の、限られた分裂回数をミス分裂に費やすことほど回数の無駄でしょう。

分裂ミスによって、正しさとの誤差が蓄積されるということがイコール取り留めもない老い現象なのであり、ヒト体細胞はこれらのエラーを修復するため、ますます多くのエネルギー(分裂回数)を費やさねばならなくなりましょう。これでは無駄カウントの相乗です。

そのミス分裂によるミスプロセスにより、人体には欠陥のありすぎるコピーが生成され続け、老い続け、これに続くのが「死」でしょう。


だからそう。

限られた分裂回数しか持ち合わせていないのがヒト体細胞なのですから、できるだけミスせずの分裂で人生をカウントしたいものです。

─── 死の間際までクリアで美しく ───


生きている限り、我々にはストレスも起こりましょう。また、さまざまな添加物も食しますでしょう。汚れた空気も入って来ますでしょう。ウイルスに侵されることだってある。

このような、そのような環境で、我々の細胞内では、正しく分裂する方法が定かではなくなることも大いにに考えられますでしょう。

なので、体細胞の分裂ミスが可能回数にカウントされてしまって然りでしょう。


守護水の、革新的に素晴らしい点というのは、

─── 人体に、常に、基本的正しさを思い出させ、極力ノーミスで細胞分裂でき得る状態を維持させる ───

という点なのです。

これが守護水の持つ根源システム記憶力です。






19回の閲覧