検索
  • 守護水

地球を取り巻くただ在る法則を以て人体を守護る

最終更新: 8月6日

胎児の状態において既に遺伝を受けているのがヒトという生物です。

また、親のどこかしこが子に遺伝するというのはヒトのみならず生物

全体に言えることでもあります。

特に「形」の遺伝性は事実中の事実です。

顔や体が親に似るということをひとつとってみても、当たり前のように

周知化しています。








しかし、「ヒトから生まれる生物が何故ヒトの形をしているのか」についてを

疑問に思う人はおそらく少ないか或いは居ないのではないでしょうか。

先ず考えられることは、進化初期型である魚類型生物からは魚類が生まれ、進化中期型で

ある両生類型生物からは両生が生まれ、陸上派生の爬虫類型生物からは爬虫類が生まれ、

進化最終型でもある霊長類型生物からは霊長類が生まれるということです。

さて、こういった一連の進化過程が、人胎内で繰り広げられた上でヒトはヒトとして初めて胎外へと生まれ出でるわけです。

このことから、「最終進化するまでは胎児を胎内で育てるという霊長類の独自性質」

が、ヒト-その-構造そのもの内に【細胞レベルで記憶(ないしは遺伝)されているから】と

考えられます。










また、【長い長い年月をかけて地球上で進化を遂げて出来上がった生物である-人間-の胎内では、生物進化の縮小版が繰り広げられている】ということも言えるわけです。



上記のことから、【一個人の母体と地球とは相似形に在る】と結論付けられます。

守護水は、この【相似形】という観点から【相似形の元にただある構造(仕組み)法則】を

見いだし、且つ、【この構造を以て人体を異変から守備ること】を可能としました。











22回の閲覧