検索
  • 守護水

人体構造発生環境を化学薬品一切使用せずで再現



人体内で起きるヒトの発生は次の順序でおこなわれます。


①精子と卵子との出会い → ②卵(らん)の受精 → ③受精卵として子宮内を浮かぶ

→ ④子宮内膜への着床


では、地球上でヒトの元である生命体が発生した時では、何によるどんな順序だったのでしょう。

守護水堂では、卵性所持側(母胎側)を地球として捉え・精性所持側(父性側)を隕石と捉え、人体構造発生起源を科学哲学しました。



この考察において、要となるのは「融合(ヒトで謂うところの受精)環境」でした。

極端な話、「人体構造の発生におき、受精も融合も空中では決して起こり得ない」わけです。

なので、要というのは他ならぬ【羊水ないしは羊水酷似環境】のことであり、同時にこの環境でこそ融合(ヒトで謂うところの受精)は起こりえると結論付け、この点を要としました。


そこで私達はこの-羊水環境-に限りなく酷似した環境(液体環境)をあくまでも自然界から探し出し、且つ、この-限りなく羊水環境に酷似した液体(水)-の中に人体の構造源とも言える隕石由来の構造因子を化学薬品一切使用せず、独自方法で自然転写させました。




こうして出来上がった【守護水】は、外部からの人体構造攻撃因子からも

人体構造を守備る優れものとして、現在、多くの方々にご愛顧いただいております。








21回の閲覧